メインコンテンツに移動

循環型経済

パリ地方で使用される資源の80%は外部由来のものであり、パリ地方では、廃棄物の削減、ニーズの見直し、新しい経済モデルの促進により、地元の資源をより有効に活用することを目指しています。当地方では、革新的な循環型経済プロジェクトに携わる企業が数多く生まれ、経済発展の主要なプレーヤーとしての地位を確立しています。

さらに詳しい資料については、ダウンロード可能なガイドブックをご覧ください.

ニュースレターを購読する

Expert

Sevinç Ar

Smart City & Cleantech
Expert

「フランスは、廃棄物削減イニシアチブにとって、とても大きな収益が見込める地域でした。2016年と2021年の「loi antigaspillage」(廃棄物防止法)により、使い捨てプラスチック容器を排除するため進歩的な措置を講じる、好ましい規制環境が作り出されました。」
- Nicolas Piffeteau、barePack のフランスにおける事業責任者

 

30 %
パリ地方における2021年の資源調達に関する契約の30%が、循環型および環境重視の調達となっています
500 億ユーロ
回収計画: 2020年~2022年に、5億ユーロがADEME(フランスのエコロジー移行庁)の循環型経済基金に割り当てられました

 

 

パリ地方が掲げる目標と行動


廃棄物ゼロ / 排出量ネットゼロが目標

パリ地方の住民は、食料、エネルギー、建設資材などのために、一人当たり年間6.5トンの資材を消費しています。間接的な物流や資源を含めると、目に見える消費と目に見えない消費の合計は、年間20トン近くになります。

循環型経済は、排出量ネットゼロの目標を達成する上で重要な役割を果たします。削減、再利用、リサイクルといった取り組みが流入と流出の軽減をもたらし、パリ地方が2050年までにカーボンニュートラルを達成する助けとなります。


主なイニシアチブは次のとおりです。

パリ地方では、経済のすべてのセクターにおいて、直線型消費モデル(抽出、製造、消費、廃棄)から、製品とパッケージの再利用、消費習慣の変革、コミュニティのエンパワーメント、リサイクルなどに基づく循環型モデルへの移行に取り組んでいます。

T主なイニシアチブは次のとおりです。

  • 農業および食品分野で
    食品廃棄物を60%削減し、パリ地方の住民の食卓に上る地元製品のシェアを5倍に増やします。
     
  • 観光、文化、スポーツ分野で
    パリ地方は、2024年のパリ・オリンピック・パラリンピック大会を社会的・環境的に責任のあるものにする決定を下しました。両大会のための契約の25%は、社会的連帯経済に関連した企業と結ばれています。現在、オリンピック会場建設のための最初の3億ユーロの注文のうち、17%がそうした契約となっています。
     
  • 計画と建設分野で
    当地方の廃棄物リサイクルおよび回収計画に従って、建設廃棄物は、2030年までにその85%が再利用可能な材料として回収される必要があります。
     
  • 廃棄物ゼロと循環型経済を支援する地元の市民プロジェクトを促進
    パリ地方では、特に清潔さ、予防、廃棄物管理の分野で、住民が日常生活の改善を目的としたプロジェクトに参加することができます。パリ地方に住んでいる、または通勤・通学しているすべての市民は、投票に参加し、環境分野への地元の公共投資を推進するために資金提供すべきプロジェクトを選ぶことができます(2024年まで5億ユーロを割り当て)。

 

当地方の計画と一致する国の目標と行動


廃棄物防止法という国の目標に沿ったパリ地方の戦略

プラスチックや使い捨てパッケージから発生する廃棄物を削減することに加え、製品寿命と修理可能性を延長することを目的としています… インフォグラフィック をご覧ください。


循環型経済:フランスの回収計画の一環として5億ユーロが、また、イノベーションを支援するために3億7000万ユーロが割り当てられました

この資金は2020年、2021年、2022年に分散して用いられるもので、そのうち2億7400万ユーロの提供を受けたプロジェクトは、廃棄物の収集、分別、回収の近代化を目指したものです。残りの2億2600万ユーロは、再生プラスチックの組み込みとその使用量の削減に割り当てられます。パリ地方では現在までに220の循環型経済プロジェクトが資金提供を受けています。

さらに、循環型経済におけるイノベーションを支援するために、2021年~2027年にかけて、「未来への投資プログラム」(PIA)から3億7000万ユーロが割り当てられます。これは特に、リサイクルのより効率的なソリューションを目指した研究開発を促進することを目的としています。

パリ地方で開発が進む新しい循環型ビジネスモデル

barePack で廃棄物を削減:シンガポールの会社である barePack は、使い捨てプラスチック容器の代わりに、レストランにとっても環境にとっても優しい、新しいソリューションを開発しました。
サクセスストーリーを こちら からご覧ください!


パリ地方で成長を支えるアクセラレーター、組織・機関、プラットフォーム

メトロポール・デュ・グラン・パリ は、グラン・パリ地域圏の循環型経済への玄関口となることを目指すコラボレーションプラットフォーム、Grand Paris Circulaire を立ち上げました。

AREC は、パリ地方にある自治体やその他の関係者を支援することにより、エネルギー移行と気候変動への適応を促進および加速することを目的とした地域エネルギー気候機関です。

INEC(国立循環型経済研究所)は、エコロジカル・インテリジェンスと資源経済分野で基準となる有力な組織で、その使命は、循環型経済を促進しその発展を加速するために、官民両部門の関係者を結集することにあります。

OREE は、複数の関係者らが集まった組織で、20年以上にわたってさまざまな団体を統合したネットワークを率いながら、地域のために環境的アプローチを協議・設定してきました。

Circular Challenge CITEO は、循環型経済のアクセラレーターで、2021年には、建設的なイノベーションに特化した1年間のアクセラレータープログラムを開始しました。インパクトをもたらすインキュベーターと、89か国にまたがる1,650の循環型経済スタートアップ企業のクラウドソーシングプラットフォームを組み合わせたこのアクセラレーターは、予防、エコデザイン、分別、収集、再利用、リサイクルといったプロジェクトに長期的なサポートを提供することを目的としています。

Les Canaux は、フランスおよび世界において、社会的連帯や革新的経済の分野で活動する人々を支援します。Les Canaux は、循環型経済の一環として企業のスケールアップをサポートするプログラムを備えた「Circular Accelerator」を立ち上げました。


私どもがご用意した ガイドをダウンロード して、パリ地方で御社にふさわしいアクセラレーターをお探しください。

×

Subscribe to our Newsletters!

Subscribe to our newsletters to receive tailored business opportunities for your activities in the Paris Region.